日本全国の名医・専門医一覧まとめ

こんな医師はダメ!まとめ

初診・問診で手抜きする医師

聴診器

初診・問診時に患者からじっくり話しを聞いて、聴診触診などをするのが通常です。しかし、咳をしているのにノドを見ない、聴診器を当てない、手を触れないで直ぐに検査に回すなど、これは完全な手抜きですね。

呼吸器やお腹などの症状では、腹部を触ったり、胸に聴診器を当てるという行為は医師の基本中の基本です。
 
スポンサーリンク


自分の意見を言わない医師

医師から病気に対しての各治療法を説明を受けた後、直ぐに患者さんに「どうされますか?」と聞く医師。これでは患者さんが困ってしまいますね。通常は各治療法の後に「患者さんの状況にあった医師の意見」を言ってから「どうされますか?」の順番が正しいですね。
 

高額な検査を頻繁に行なう医師

やたら薬を多く処方したり、CTやMRIといった高額な検査を頻繁に行う病院は診療報酬狙いの可能性があります。必要のない薬の処方や検査は、患者にとって余計な医療費の負担となってしまいます。
 

患者さんの目を見ないで話す医師

医師,問診

よく聞く話ですね。パソコンやカルテ等を見ながら患者の顔をほとんど見ない医師。私も経験がありますがメチャクチャ感じ悪いです。

極度の人見知りなのか、やる気がないのか、早く診療を終えたいのかは知りませんが患者さんに気を使わせるのは良くないですよね。

いい医師はちゃんと患者さんの目を見て話してくれます。っていうか普通のことですね。
 

セカンドピニオンを拒む医師

担当医にセカンドピニオンを受けたいと相談したら「嫌な顔をされた」「私の診断が信じられないのですか?」などと大人げない医師がいることも事実です。

しかし、自分を守るのは自分です。少しでも診断に不満があったり、違う専門医の意見を聞きたいという場合には、結果はともあれ遠慮なくセカンドピニオンを申し出ましょう。
 

今後の経過等について的確に説明できない医師

治療の開始時や途中、術後など今後の見通しや治療計画を的確に説明しない医師がいます。患者さんはもちろん、家族にとっても通院頻度や治療予定は大切な情報になりますね。
 

薬をたくさん出す医師

薬,処方

報酬稼ぎなのかわかりませんが、お土産のように薬を持ち帰ったという経験ありませんか?

私の場合、近所の小さな耳鼻科に通っていたのですが引っ越しで病院を変わったことで知ったことがあります。引っ越し先の新しい耳鼻科では、ほとんど薬を処方しないのですが症状は何も変わらない…一体どういうことなのでしょうか?

病気の種類にもよりますが、やたら薬を出す医師は考えものですね。
 
スポンサーリンク

 

医師が一人しかいないのに色んな科がある

病院

昔から医師免許を取得すると色々な科の看板を出してもOKという話を聞いたことはありませんか?風邪などの軽い症状で総合的に診てもらうには良いのかもしれません。

しかし、大病を患い治療を長期に受けるには不向きな場合もあります。今は専門医制度が進んでいますので、各病気に特化した高度な治療は専門医のいる病院をおすすめします。
 

コミュニケーションを取るのが苦手な医師

専門用語でペラペラ説明する医師いますね。これでは患者さんに何も伝わらないのでダメですね。今は患者さんとのコミュニケーションを重視するスタイルが当たり前となります。

昔の職人タイプで「患者に詳しい説明は不要だ」という医師がいますが、情報社会の現代でそういう医師はもう時代遅れです。
 

スポンサーリンク


同ジャンル・関連ページ

医師・病院あるある

賢い病院の選び方!