脳腫瘍の名医・専門医59名

国内において年間約2万人の方が発症している脳腫瘍は、頭蓋内に発生する腫瘍の総称で「良性または悪性」「転移性または原発性」に分類されます。

「転移性脳腫瘍」は、脳以外の部位に発生したがん細胞が頭蓋内に転移したものになり、脳腫瘍全体の約15%を占めています。

一方の「原発性脳腫瘍」とは、脳内の細胞自体ががん化する状態を指し、脳腫瘍全体の約85%になります。

脳腫瘍の主な発生個所ですが、脳自体、脳を覆う髄膜、脳神経、内分泌機能の調整する脳下垂体になります。

全国の脳腫瘍治療・手術名医専門医をご紹介します。

スポンサーリンク

北海道・東北エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
入江伸介釧路脳神経外科
【北海道釧路市】
北海道大野記念病院院長兼、福島孝徳脳腫瘍・頭蓋底センター長。豊富な経験実績を持つエキスパート。
上山博康札幌禎心会病院
【北海道札幌市】
上山博康脳神経外科塾の総帥。「神の手」として知られている。数々の健康番組にも出演。
野田公寿茂札幌禎心会病院
【北海道札幌市】
脳神経外科、脳卒中が専門。脳出血、脳卒中、脳腫瘍、三叉神経痛や顔面麻痺、脊椎の病気の治療、手術を手がける。海外において講演会も多数ある。
谷川緑野札幌禎心会病院
【北海道札幌市】
豊富な経験・実績を持った脳神経外科。米国の「ザ・ラスト・サムライ」のディレクターとして参加している。
澤村豊さわむら脳神経クリニック
【北海道札幌市】
脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、小児脳腫瘍等が専門。脳腫瘍術数は3500件以上。豊富な臨床実績があり、患者からの信頼も厚いドクター。
寺坂俊介柏葉脳神経外科病院
【北海道札幌市】
高度な手腕が求められる脳神経の分野において日本の脳神経外科をリードしてきた名医の1人。
佐々木雄彦中村記念病院
【北海道札幌市】
脳神経外科手術をはじめ、神経生理学的モニタリング脳動脈瘤クリッピング術執刀および指導1000例以上を手がける名医。
片山容一青森新都市病院
【青森県青森市】
日本大学名誉教授。DBSでパーキンソン病を改善、心の病を治療する研究に携わる名医。
師井淳太秋田県立循環器・脳脊髄センター
【秋田県秋田市】
脳血管障害、脳血管内治療、顔面けいれん、三叉神経痛、良性脳腫瘍、災害医療が専門。特に脳腫瘍の治療に積極的に取り組んでいる。
スポンサーリンク

関東・甲信越エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
藤巻高光埼玉医科大学病院
【埼玉県入間郡毛呂山町】
脳神経外科の教授。三叉神経痛、顔面けいれん、脳腫瘍 特に悪性腫瘍の集学的治療を得意としている。
西川亮埼玉医科大学国際医療センター
【埼玉県日高市】
脳腫瘍の治療・研究を専門。脳腫瘍、脳血管障害、カテーテル手術等、極めて専門的高度な治療を手がける。特に悪性脳腫瘍治療において多くの症例数を誇る。
寺本明帝京大学医学部附属病院
【東京都板橋区】
脳下垂体腫瘍に対する経鼻的手術において世界トップレベルの実績を誇る。湘南医療大学副学長。
福島孝徳福島孝徳脳神経センター
【東京都江戸川区】
鍵穴手術考案者。国内外において圧倒的な手術成績があるスペシャリスト。「手術一発全治」をモットーとし、世界で全力を尽くしている。
堀智勝森山記念病院
【東京都江戸川区】
てんかん外科をはじめ、下垂体腫瘍、覚醒下手術、難易度の高い診療とともに後進の指導に取り組む名医。
清水克悦昭和大学病院
【東京都品川区】
高樹澪さんの片側顔面けいれんの執刀医を担当。脳への負担を極力排除した手術を提供。
水谷徹昭和大学病院
【東京都品川区】
20数年間にわたり脳血管障害や良性脳腫瘍の手術を手がけてきたエキスパート。多くのメディアに出演。
佐藤健吾日本赤十字社医療センター
【東京都渋谷区】
サイバーナイフセンターを担当。特に体幹部のがんに対する治療実績の高さで知られている名医。
林基弘東京女子医科大学病院
【東京都新宿区】
これまで総計8800症例の治療実績を誇るガンマナイフのスペシャリスト。
川俣貴一東京女子医科大学病院
【東京都新宿区】
頭蓋底腫瘍や脳血管障害の手術を得意としている。良性脳腫瘍と虚血性脳血管障害において数多くの手術を手がけている。
村垣善浩東京女子医科大学病院
【東京都新宿区】
脳腫瘍(グリオーマ) 、 がん免疫療法 、 医療機器開発 、 精密誘導治療が専門。Best Doctorsに選出された名医。
河野道宏東京医科大学病院
【東京都新宿区】
動脈瘤バイパス術を得意とし、聴神経腫瘍をはじめ、脳腫瘍手術の名医。高度な医療提供はもちろん、患者さんに安心してもらえる治療を進めている。
佐々木光慶應義塾大学病院
【東京都新宿区】
脳腫瘍、神経膠腫、個別化治療、化学療法、遺伝子診断を専門としている。小児部門の治療も施術。悪性脳腫瘍手術の名医。
喜多村一幸喜多村脳神経クリニック※閉業
【東京都新宿区】
慢性頭痛、脳卒中、脳腫瘍のエキスパート。わかりやすい説明で患者からの信頼を集める。
吉田一成永寿総合病院
【東京都台東区】
脳神経外科学、脳腫瘍、脳血管障害、機能的脳神経外科、血管内治療、神経再生を専門としている。特に頭蓋手腫瘍、顕微鏡下手術手技を開発、内視鏡下頭蓋底手術も導入。
成田善孝国立がん研究センター中央病院
【東京都中央区】
覚醒下手術、化学療法、放射線治療を手がける名医。グリオーマをはじめとする悪性脳腫瘍の集学的な治療を行っている。
中込忠好丸ノ内なかごみクリニック
【東京都千代田区】
脳動脈瘤、脳腫瘍等において豊富な手術実績を持つ名医。塞栓術や血管障害など幅広く治療を行っている。
森田明夫日本医科大学付属病院
【東京都文京区】
聴神経腫瘍、顔面痙攣、髄膜腫、三叉神経痛、脳動脈瘤が専門。難しい手術や脳動脈瘤の研究などで有名な名医。
山口文雄日本医科大学付属病院
【東京都文京区】
脳腫瘍学、術中大脳マッピング術、覚醒下手術、医療機器開発など悪性脳腫瘍手術のエキスパート。
斉藤延人東京大学医学部附属病院
【東京都文京区】
脳血管障害、脳深部腫瘍、頭蓋底腫瘍、顔面痙攣、三叉神経痛を専門とする。高度な臨床医療を進める名医。
篠浦伸禎がん・感染症センター東京都立駒込病院
【東京都文京区】
脳腫瘍が専門。覚醒下手術で世界屈指の実績を誇る。日本の名医100人にも選出される。
塩川芳昭杏林大学医学部付属病院
【東京都三鷹市】
脳神経外科全般、特に脳卒中と良性腫瘍が専門。日々の手術・診療に尽力している名医。
永根基雄杏林大学医学部付属病院
【東京都三鷹市】
脳神経外科、脳腫瘍が専門。脳腫瘍治療ガイドライン作成委員の一人。
山田正三赤坂虎の門クリニック
【東京都港区】
これまで4000例以上の間脳下垂体疾患の外科治療を行ってきたエキスパート。セカンドオピニオンにも対応。
原貴行虎の門病院
【東京都港区】
脳神経外科部長。脳血管障害、良性脳腫瘍が専門。脳動脈瘤手術、血管バイパス術、もやもや病、頚部頚動脈狭窄疾患等の治療施術を手がける。
石井雄道東京慈恵会医科大学附属病院
【東京都港区】
頭蓋底腫瘍専門外来を担当。間脳下垂体腫瘍、内視鏡下経鼻手術が専門。神経内視鏡手術のエキスパート。
田草川豊厚生中央病院
【東京都目黒区】
三叉神経痛、顔面痙攣、舌咽神経痛等が専門。日本神経治療学会のガイドライン作成にも携わる名医。
松前光紀東海大学医学部付属病院
【神奈川県伊勢原市】
脳腫瘍の外科的治療、脊髄腫瘍の手術的治療が専門。日本脳神経外科学会専門医。
隈部俊宏北里大学病院
【神奈川県相模原市】
急性期の脳血管障害から悪性脳腫瘍まで幅広く対応。特に血管疾患と急性期の破裂脳動脈瘤、脳血管障害に対する血管内治療を得意としている。
藤津和彦横浜医療センター
【神奈川県横浜市】
頭蓋底腫瘍、脳動脈瘤の手術が専門。高度な顕微鏡手術技術を有し、国内の脳神経外科学をリードしてきた名医。
木内博之山梨大学医学部附属病院
【山梨県中央市】
脳神経外科の科長。脳血管障害、頭蓋底外科、神経内視鏡手術が専門。病気の修復を目的とした治療に加えて予防的外科治療にも注力。
本郷一博伊那中央病院
【長野県伊那市】
脳卒中、脳腫瘍、三叉神経痛、顔面けいれんが専門。急性期脳神経外科的治療、未破裂脳動脈瘤等の早期発見治療で地域貢献をしている。

脳腫瘍の治療

良性の脳腫瘍であれば経過観察になることがありますが、治療が必要な場合には手術療法が基本となります。

腫瘍の切除が不完全な時や悪性腫瘍だった場合には、放射線療法化学療法などを組み合わせた治療が検討されます。

また、ガンマナイフやサイバーナイフを用いることで腫瘍だけに放射線を照射することが可能なため、外科的手術が難しい部位でも治療が可能になります。

最近では膠芽腫(グリオーマ)に対しては「交流電場腫瘍治療システム」という最新の治療を行う医療機関があります。

スポンサーリンク

東海・関西・中部・北陸・四国エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
中田光俊金沢大学附属病院
【石川県金沢市】
脳神経外科の教授。専門は脳腫瘍学。これまで数々の賞を受賞している名医。
鮫島哲朗浜松医科大学医学部附属病院
【静岡県浜松市】
難度の高い深部髄膜腫、聴神経腫瘍、顔面痙攣、三叉神経痛等を得意としている。
廣瀬雄一藤田医科大学病院
【愛知県豊明市】
脳腫瘍、悪性脳腫瘍の治療を専門としている。30年以上キャリアがあり、複数の大学病院にての豊富な治療実績を誇る。書籍も多くある。
大畑建治大阪市立大学医学部附属病院
【大阪府大阪市】
良性脳腫瘍手術の名医。2003年世界初の頭部結合双生児(成人)の分離手術で世界選抜チームの主執刀医とし参加。
後藤剛夫大阪市立大学医学部附属病院
【大阪府大阪市】
頭蓋底外科、脳腫瘍、間脳下垂体腫瘍、微小血管減圧術が専門。頭蓋底脳腫瘍に対する新たな神経内視鏡手術法を研究し報告発表している。
鰐渕昌彦大阪医科薬科大学病院
【大阪府高槻市】
髄膜腫、神経鞘腫等頭蓋底外科手術に取り組む。下垂体腫瘍に対する神経内視鏡手術、顔面痙攣や三叉神経痛に対する微小血管減圧術など数多く執刀する名医。
飯原弘二国立循環器病研究センター病院
【大阪府吹田市】
病院長を務める。脳卒中の外科、良性脳腫瘍、脳動脈瘤、頸動脈狭窄症等の血管内治療が専門。多くの関連書籍を出版している。
中瀬裕之奈良県立医科大学附属病院
【奈良県橿原市】
脳神経外科の教授。脳血管障害、脊髄脊椎、てんかん、脳腫瘍を専門としている。日本脳神経外科学会専門医。
橋本宏之奈良県総合医療センター
【奈良県奈良市】
当院副院長、脳神経センター長。脳腫瘍、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脊髄腫瘍を専門とする。最先端器機や技術を駆使して安全で確実な手術を提供。
伊達勲岡山大学病院
【岡山県岡山市】
脳神経外科、脳再生、細胞移植、小児脳神経外科など幅広く対応するエキスパート。多数の関連書籍の著者でもある。
宇野昌明川崎医科大学附属病院
【岡山県倉敷市】
脳神経外科の部長。脳卒中、脳腫瘍の外科治療が専門。多くの関連書籍を出版している。
栗栖薫中国労災病院
【広島県広島市】
病院長を務める。脳腫瘍、脳血管障害が専門分野。40年以上キャリアのある脳神経外科医。
永廣信治吉野川病院
【徳島県板野郡北島町】
病院長を務める。40年以上にわたり脳卒中や脳腫瘍の治療を中心に行ってきた名医。多くのメディアに出演する他、関連書籍も出版している。
市川智継香川県立中央病院
【香川県高松市】
専門は脳腫瘍。脳腫瘍の浸潤病態解明と脳腫瘍の遺伝子治療を中心に研究を積み重ねる。ガイドライン作成に携わる。

九州・沖縄エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
永田泉小倉記念病院
【福岡県北九州市】
院長を務める。脳血管障害、良性脳腫瘍の外科治療が専門。クリッピングや脳腫瘍摘出手術、頚動脈内膜剥離術、脳動静脈奇形摘出術等、幅広く対応する名医。
藤岡正導済生会みすみ病院
【熊本県宇城市】
名誉院長 兼 脳神経外科部長。脳神経外科一般が専門。特に脳動脈瘤、脳腫瘍の手術を得意としている。
有田和徳出水郡医師会広域医療センター
【鹿児島県阿久根市】
間脳下垂体腫瘍などの脳腫瘍、てんかんなどの機能脳神経外科、脳卒中を専門としている。国内外においての豊富な治療実績を元に高度医療に取り組む。
時村洋鹿児島市立病院
【鹿児島県鹿児島市】
当病院副院長。脳卒中センター長。良性脳腫瘍(聴神経腫瘍、髄膜腫)を専門とする名医。
スポンサーリンク