2021年10月医師情報を追加・更新済

セルフメディケーション税制で所得控除が受けよう

ドラックストア等で指定の市販薬(目薬、胃腸薬、鼻炎薬等)の年間購入費が12000円を超えた場合、その超えた分の所得控除が受けられる制度です。

同じような制度で医療費控除というのがありますが、病院に行かなくても市販薬だけで間に合っている方向けの制度です。

スポンサーリンク

セルフメディケーション税制とは

平均寿命が延びている現代人が、いかに健康な状態で長生きをしていくかが大切な時代になってきています。

セルフメディケーションとは、「自分の健康に責任を持ち、軽い体調不良は自分自身で手当てをすること」とWHOで定義され、2017年に創設された医療費控除の特例として位置づけられている制度が「セルフメディケーション税制」です。

特定の市販薬(OTC医薬品)を購入し、その購入費用が1万2000円を超えていれば、8万8000円を限度に超えた分だけ所得控除が受けられますが、自身で確定申告を行う必要があります。

OTC医薬品とは、薬局やドラッグストアで処方箋がなくても購入できる医薬品です。

対象市販薬の一部は分かりやすいよう特定のマークがパッケージに印刷されており、厚生労働省のHPに一覧がありますので確認しましょう。

また、セルフメディケーション税制は期間限定になり、2017年1月1日~2021年12月31日の購入分まで有効になりますので注意してください。

スポンサーリンク

医療費の節税に繋がる

セルフメディケーションですが難しいことではなく、「風邪薬を購入して服用する」、「疲れが溜まっているのでビタミン剤を購入する」、「ケガをした際に絆創膏を購入する」という私たちが日常的に行っていることばかりです。

1人1人が病院に頼りきるのではなく、自分の健康管理にこれまで以上に気を配ることで医療や薬の知識を深め、より健康な体で年齢を重ねることに繋がります。

さらには国民医療費の増加を防ぎ、医療費節約へと繋がることになります。

セルフメディケーションの対象者と申請時期

申告者は家族分(生計が同じ)をまとめて申告することができます。前年度1年間分のOTC医薬品の購入レシートを忘れずに保管しておきましょう。

申請方法は確定申告になります。

併せて、申告する際は、予防接種の証明書や領収書、会社での定期健診の結果通知書、人間ドックやがん検診を受けた際の領収書や結果通知書の提出が必須になるので、こちらも保管しておくことを忘れないようにしましょう。

尚、医療費控除とは併用が出来ません。

スポンサーリンク