てんかんの名医・専門医38名

てんかんとは、突然に発作を起こして意識を無くしてしまう病気ですが、原因や症状は人によって異なります。

国内の患者数は60~100万人位といわれ、身近な病気のひとつなことが分ります。

子供から高齢者まで幅広い年齢において発症する可能性のある病気です。

てんかん発作は、一部の脳神経細胞が一時的に通常とは異なる電気活動を発することで生じるものですが、一過性で発作が終れば普通の状態に回復します。

原因は様々で脳腫瘍や頭部外傷による後遺症などで発症するものを「症候性てんかん」、また原因不明なものを「特発性てんかん」と呼びます。

全国のてんかん治療名医専門医を紹介します。

スポンサーリンク

北海道・東北エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
溝渕雅広南一条脳内科
【北海道札幌市】
臨床神経学、臨床てんかん学が専門。てんかん診療ガイドライン編集に携わる。長期の治療が必要な患者さんを幅広く診療。
兼子直湊病院
【青森県八戸市】
約40年にわたり、てんかんに取り組む日本のてんかん医療のスペシャリスト。多くの関連書籍を出版している。
大槻泰介てんかん専門病院ベーテル
【宮城県岩沼市】
小児から成人までの難治性てんかんの外科治療に対応する名医。豊富な治療実績を誇る。
中里信和東北大学病院
【宮城県仙台市】
てんかんの診断・脳研究に尽力するスペシャリスト。多くの関連書籍を出版している。
神一敬東北大学病院
【宮城県仙台市】
てんかん診療の第一線で活躍する専門医。ビデオ脳波モニタリング検査によって、正しい診断・適切な治療に繋げている。
杉浦嘉泰福島病院
【福島県須賀川市】
当病院長。臨床神経学、チャネル病、神経生理学が専門。ガイドライン作成に携わる。
金井数明福島県立医科大学附属病院
【福島県福島市】
脳神経内科の教授。末梢神経疾患、てんかん、脊髄小脳変性症、運動ニューロン疾患等の治療が専門。
スポンサーリンク

関東・甲信越エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
川合謙介自治医科大学附属病院
【栃木県下野市】
脳神経外科、てんかんが専門。てんかんのオンライン・セカンドオピニオン外来に対応する。
小国弘量TMGあさか医療センター
【埼玉県朝霞市】
小児てんかん、小児神経が専門。様々な難治性てんかんに対応する。多くの研究業績を誇る。
岩佐博人千葉県循環器センター
【千葉県市原市】
精神科全般、てんかん診療が専門。てんかん診療のガイドライン製作にも携わる。てんかん診療医師向けの書籍を出版。
大沼悌一むさしの国分寺クリニック
【東京都国分寺市】
長年にわたり、てんかんの専門的治療を中心に取り組んできたスペシャリスト。瑞宝中綬章の授与、研究功労賞金賞を受賞している。
渡辺雅子新宿神経クリニック
【東京都新宿区】
長年にわたり、てんかん治療に尽力。薬剤治療のみでなく、生活改善を主体とした治療やアドバイスをしている。「試してガッテン」などメディアにも出演。
須貝研司東京医科大学病院
【東京都新宿区】
主に難治性てんかんやけいれん重積の治療、重症心身障害医療、神経難病などが専門。てんかん診療医師向けの書籍を出版。
清水弘之清水クリニック
【東京都杉並区】
てんかん治療をはじめ、心療内科、漢方内科、神経科が専門分野。多くのてんかんに関連した書籍を出版している。
四宮滋子しのみやクリニック
【東京都千代田区】
てんかん、精神疾患が専門分野。大学病院において20数年の臨床・指導実績を誇る名医。
菅野秀宣順天堂大学医学部附属順天堂医院
【東京都文京区】
てんかんセンターを担当。脳神経外科一般・てんかん外科が専門。日本てんかん学会指導医。
前原健寿東京医科歯科大学医学部附属病院
【東京都文京区】
脳腫瘍、てんかん外科、小児脳神経外科が専門。難治性てんかんの外科治療、もやもや病の治療、悪性脳腫瘍の治療・研究など多くの先端治療を手がける。
渡辺英寿日本医科大学付属病院
【東京都文京区】
脳神経外科の客員教授。脳疾患治療の第一人者というだけでなく、光トポグラフィーの開発など研究に積極的な名医。
森野道晴森野クリニック
【東京都港区】
専門分野は脳神経外科、特にてんかん外科治療を得意としている。てんかん手術数は1200例超えるエキスパート。
山本仁聖マリアンナ医科大学病院
【神奈川県川崎市】
小児神経筋疾患、てんかんが専門。これまで多くの難治てんかんの患者さんを診療してきた名医。
太組一朗聖マリアンナ医科大学神奈川てんかんセンター
【神奈川県川崎市】
難治てんかんと不随意運動の外科治療等が専門。薬物治療、外科治療など患者さん一人一人に合わせた治療を提供。
寺田清人てんかんと発達の横浜みのる神経クリニック
【神奈川県横浜市】
国内外において30年間てんかん専門施設で診療を行ってきたエキスパート。ご家族の方々に寄り添った医療を提供できるように努力する。
亀山茂樹新潟聖籠病院
【新潟県北蒲原郡聖籠町】
てんかんやパーキンソン病、ふるえやけいれんなどの不随意運動症が専門。定位温熱凝固術を開発の他、数々の著書でも有名。

てんかんの治療

てんかんを疑う発作が起きた場合、病院の何科を受診したらいいのか迷う方も少なくありません。

神経学・精神神経学になりますので、小児科、神経科、脳神経科、精神科など病院によって異なりますので確認しましょう。

てんかん,名医,専門医

てんかんと診断されるまでには脳波・MRI等の検査を行い、他に原因がないかを詳細に確認した上で診断されます。

てんかんと診断された場合、長期的治療計画を立てることになります。

てんかん治療の基本は、薬物投与(抗てんかん薬)によるもので長期間の服薬を必要とするケースが多くなります

薬物療法で効果がない難治性てんかんにおいては、手術が検討されて中には完治する場合があります。

抗てんかん薬は、自己判断で薬の服用を中断したりしないことが発作予防をする上で重要です。

スポンサーリンク

東海・関西・中部・北陸・四国エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
廣瀬源二郎浅ノ川総合病院
【石川県金沢市】
てんかんセンター長。脳血管障害、てんかん治療、パーキンソン病を専門に治療。地域密着型高度医療を目指し、地域貢献に尽力。
井上有史静岡てんかん・神経医療センター
【静岡県静岡市】
乳児期から高齢期まで、あらゆる種類のてんかんに対応する名医。木村太郎記念賞を受賞。
臼井直敬静岡てんかん・神経医療センター
【静岡県静岡市】
治療実績が豊富なてんかんの名医。稀少てんかんに関する調査研究班の一人。
髙橋幸利静岡てんかん・神経医療センター
【静岡県静岡市】
脳炎後てんかん、免疫介在性脳炎、ラスムッセン症候群、ウエスト症候群が専門。特に小児神経科、小児転換治療に注力。啓蒙活動や書籍も活動的。
兼本浩祐愛知医科大学病院
【愛知県長久手市】
日本の臨床てんかん学の第一人者。国内外で活躍するてんかんのエキスパート。
池田昭夫京都大学医学部附属病院
【京都府京都市】
臨床てんかん学、運動異常症、臨床神経生理学が専門。40年以上のキャリアを持つてんかんのスペシャリスト。関連した書籍を出版している。
木下真幸子国立病院機構宇多野病院
【京都府京都市】
長年にわたり、てんかんや脳波分野の研究を続け、てんかん治療に貢献。年間600人以上のてんかん患者が診療に訪れている。
加藤天美関西メディカル病院
【大阪府豊中市】
脳腫瘍外科、難治性てんかん手術、不随意運動手術等が専門。厚生労働省のてんかんに関する研究班に参加。
貴島晴彦大阪大学医学部附属病院
【大阪府吹田市】
てんかんセンター長。脳腫瘍、パーキンソン病、てんかんの外科治療に従事。日本てんかん学会専門医・指導医。
松本理器神戸大学医学部附属病院
【兵庫県神戸市】
臨床神経学、てんかん学、運動異常症、臨床神経生理学が専門。日本てんかん学会専門医・指導医。安全な高度医療の提供を目指す。
中瀬裕之奈良県立医科大学附属病院
【奈良県橿原市】
脳神経外科の教授。脳血管障害、脊髄脊椎、てんかん、脳腫瘍を専門としている。日本脳神経外科学会専門医。
吉永治美南岡山医療センター
【岡山県都窪郡早島町】
小児てんかん、重症心身障害、脳波分析が専門。てんかん研究賞など数々の賞を受賞。
飯田幸治広島大学病院
【広島県広島市】
てんかんセンター長。てんかん外科、脳腫瘍が専門。「名医のいる病院2021」で紹介された。

九州・沖縄エリア

医師名病院・クリニック名【都道府県】
赤松直樹福岡山王病院
【福岡県福岡市】
神経内科、てんかん、脳波が専門。てんかんについて専門的な診断・治療を提供。
馬場啓至西諫早病院
【長崎県諫早市】
てんかんの外科治療に対応する名医。特に小児の手術例を多く手がける。
スポンサーリンク